FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

腕橈・腕尺関節の関節運動法/経絡按摩・関節運動法

本日は、経絡按摩・関節運動法講習会の練習会に参加してきました。

関節運動法では、肘関節の関節運動法を行いました。

腕橈関節と腕尺関節の手技になりますが、ポイントは的確に橈骨と尺骨をタッチする事によって、関節包内の運動が行われるという事です。

筋肉越しに骨を触ることになりますので、触察の技術が重要となりますが、慣れてくれば骨の感触は感じ取れてきます。

腕橈関節と腕尺関節の動きは上腕骨の凸に対して、橈骨と尺骨の関節面は凹となっています。

治療手技では、関節面の凹凸の動きをしっかりイメージする事がコツとなりますが、

関節は直線的ではなく、弧を描いて動きますので、その丸みをもった動きに沿って力を働きかける事が大切です。

離開法や滑り法、屈曲・伸展と凹滑り法、過伸展法などと色々な手技がありますが、的確に行うと上肢を流れる六経に響き、経絡反応が起こる事によって様々な症状の改善につながります。

例えば、肩コリ治療には大腸経と三焦経が流れる腕橈関節の治療が効果的です。

また、心包経や心経が流れる腕尺関節の治療では、胸が広がるように軽くなる感じがするなどの響きを感じる方もいます。


日常生活では、家事やパソコン仕事などで、上肢を酷使してる方は多く、肩甲骨や鎖骨からの大きな動きは、肩周囲の筋緊張により制限されていて、肘関節に負担がかかっています。

肘関節の症状は、テニス肘や野球肘などの症状が出ない限り、自覚症状が出にくい部位です。

肘周囲の経穴に硬結圧痛反応があれば、肘関節は関節機能異常があると考えます。

関節運動法と経絡治療を併せて考えていくと、治療家としての守備範囲が広がってきます。



指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/











スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

五十肩の経絡治療/経絡按摩・関節運動法

一昨日は、経絡按摩・関節運動法講習会に参加してきました。

経絡按摩では、五十肩の治療を勉強しました。

五十肩は、肩関節周囲の疼痛部位は、肺経、大腸経、三焦経、小腸経の症状ですが、

根本の臓腑の弱りとして、肝経・脾経・腎経の弱りを診る事が大切です。

肩関節や上肢の症状は、身体の正中よりも外側にあらわれる症状ですので、

背腰部の膀胱経では、2行線のツボがポイントとなり、

魂門、意舎、志室が治療穴として重要となります。

一番の硬結圧痛反応のあるツボに持続圧を行い、肩関節周囲の圧痛の軽減や、可動域改善を確かめます。

その他、疼痛部位と同じ経絡上の前腕や手背に診断按摩を行い、硬結圧痛反応のあるツボに持続圧を行うと効果的です。


関節運動法では、肩関節と肩鎖関節、胸肋関節、肋横突関節の手技を勉強しました。

この部位は、肩コリや五十肩、上肢の痛み、しびれなどの症状には重要な治療関節となります。

受講生の方には、手指を当てる骨の位置や力加減などのコツをお伝えさせて頂きました。

経絡は全身をめぐります。
関節機能異常を改善することによって経絡反応が起こり、気のめぐりが改善して症状は治癒へと向かいます。

関節包内の調整と経絡との関係はとても大切です。
治療の守備範囲が広がりますので、関節運動法は習得したい技術ですね。


指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/











テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

膀胱経2行線の按摩/頚椎の関節運動法/経絡按摩・関節運動法

本日は、経絡按摩・関節運動法講習会に参加してきました。

経絡按摩では、
背腰部膀胱経2行線の捉え方、
治療穴の効用などを学びました。

特に脾・胃経の弱りをあらわす意舎と胃倉に対して、丁寧に診断按摩を行うと正穴の部位よりやや外側にも硬結がある事があり、持続圧を行うと腹部や下肢によく響き、脾・胃経の症状改善に効果が期待出来る事がわかります。

飲食の不摂生がある方には必須の治療穴となりますね。

関節運動法とは、AKA(関節運動学的アプローチ)に中医学の理論を応用した整体法です。

本日は頚椎の関節運動法の練習を行いました。

前後屈や側屈、回旋の動きを良くするための技法になりますが、

正確に手技を行うと、頭顔面部や喉などに響きが起こりますので、

臓腑の弱りや、症状の出ている部位の経絡を判断して、治療関節を決める事が出来ます。

頚椎の椎間関節に機能異常がある部位には、筋硬結も存在します。

その硬結を指圧で緩め、さらに関節の調整も行えれば、相乗効果が期待出来ます。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

環椎後頭関節のAKA療法など/経絡按摩・関節運動法

昨日は、経絡按摩・関節運動法講習会に参加してきました。

関節運動法とは、AKA(関節運動学的アプローチ)に中医学の理論を応用した整体法です。

昨日は頚椎の手技の練習を行いました。

棘突起の左右圧迫による滑り法では、頚椎6.7番や2.3番の手技による、ノドへ響く感じを体感出来ました。

特に頚椎2番の調整は頭顔面部の症状に影響が強いので、滑り法や側屈、回旋、後方伸展と、どの手技も重要になります。

また、環椎後頭関節の手技も、狙う部位によって、目や鼻、耳症状に大変効果があります。

日常の臨床でも、後頭下筋群や頚部筋群を良く指圧療法で緩めてから、頚椎や環椎後頭関節の関節運動法を行うと、相乗効果が期待出来ます。

経絡按摩では、膀胱経2行線の拇指圧、拇指揉捏の練習を行いました。

特に重視したのは、魂門、陽綱、意舎、胃倉の硬結圧痛を捉える事です。

中焦の臓腑の弱りは様々な症状と関係してきますので重要です。
拇指揉捏を幅広く行うことで、2行線のさらに外側の硬結も捉える事が出来ます。

肋骨があり、施術がやりにくい部位ですので、胸郭の丸みに合わせて丁寧に揉捏することが大切です。

臓腑の弱りを診て、治療対象となる経絡のツボに対して、拇指圧と拇指揉捏、また経絡の走行する関節に関節運動法を行うと、按法と摩法の組み合わせにより治療効果が高まります。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

上部胸椎の関節運動法

昨日参加した経絡按摩・関節運動法講習会では、上部胸椎の関節運動法を行いました。

胸椎の椎間関節を操作して、関節機能異常を改善する目的です。

検査として、棘突起間の詰まりと圧痛、椎間関節部の筋硬結と圧痛を調べます。

手技を行うと、脊柱が真っ直ぐになるような感覚や、胸が広がり呼吸が楽になるような響きが起こります。

関節運動法とは、AKA(関節運動学的アプローチ)に中医学の理論を応用した整体法です。

上部胸椎では、
胸椎3・4番椎間関節は肺経、
胸椎4・5番椎間関節は心包経、
胸椎5・6番椎間関節は心経と関係があり、

手技を行うと、関節と対応している経絡の異常を改善する事が出来ます。

また、上部胸椎は上肢の疼痛部位や手指の症状とも、各椎間関節が対応していると考え、体幹部から治療を行えます。

深部脊柱筋を指圧療法で緩めてから、
上部胸椎の関節運動法を行うと、さらに治療効果が高まります。

関節運動法では、骨を直接操作しますので、手の当て方や力の伝え方などは指圧療法にも通じるものがあり、習得すると手技療法がトータル的にスキルアップします。



〜お知らせ〜

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com