FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

最長筋トリガーポイント

背中の痛みを訴える方が来院されました。

特別に重量物を持ったなどの事はなく、思い当たる原因はないそうですが、3週間位前から仕事が忙しく(デスクワーク)、毎日残業だったので、疲れとストレスは溜まっていたそうです。

体調面は変わりなく、自発痛もありませんので、内臓からの病的な痛みではないと考え治療しました。

疼痛部位は背部の中央あたりとの事で、胸椎8番位から12番位の間の起立筋に拇指圧を行いましたが、慢性的な硬さはありましたが、疼痛部位には圧痛は無く、押されると気持ちが良いと言います。

そこで狙いを変え、上背部の起立筋から拇指圧を行いました。
疼痛部位が背部の外側ではなく、背骨寄りという事で、起立筋のうちの最長筋を狙います。

最長筋のトリガーポイント(TP)が活性化しますと、TP形成部位よりもやや下方に痛みが出るからです。

胸椎5番位の位置から、丁寧に拇指圧を行うと、右側の6、7番位の最長筋に硬結があり、愁訴を再現するかのような強い圧痛がありました。

防御反応が出ないように気をつけて、一番反応のあるポイントに、拇指と肘で圧痛と響きが軽減するまで数回持続圧を行いました。

背部の痛みでも、最長筋や腸肋筋、深部脊柱筋のTP関連痛パターンを理解していると、原因となっている活性化したTPを捉える事が出来ます。

全身の施術の中で、背腰部の指圧を行う時に、最長筋と腸肋筋とにしっかりと狙いを分けて施術をすると、まだ活性化していないTPを捉える事ができ、様々な症状の予防にもなります。

また、TPの圧痛と関連のある症状などを説明しながら治療をすることにより、患者さんとの信頼関係を築く事にも繋がります。


〜お知らせ〜

指圧塾のホームページを作成中です。

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com






スポンサーサイト