FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

上部胸椎の関節運動法

関節運動法とは、AKA(関節運動学的アプローチ)に中医学の理論を応用した整体法です。

一昨日の練習会では、上部胸椎の関節運動法の手技を行いました。

患者さんを側臥位にして、胸椎椎間関節に滑り法を行います。

棘突起間の詰まりと圧痛、筋肉の硬結圧痛反応を診て、椎間関節の機能異常を診断します。

治療対象となる関節に適切な手技を施すと、脊柱が真っ直ぐになるような、また何かの圧迫が解放されるような響きが起こり、関節の機能異常が改善されます。

ここで、背部兪穴との関係を見ていきますと、

肺経に弱りが現れると、肺兪の位置する第3/第4胸椎椎間関節に、

心包経に弱りが現れると、厥陰兪の位置する第4/第5胸椎椎間関節に、

というふうに、12の臓腑に対応する椎間関節に機能異常が起こります。

咳や鼻水が出る、呼吸が浅いなどの肺経の弱りがあれば、第3/第4胸椎椎間関節に滑り法を行うと、肺経の気の流れが良くなり症状が改善します。

全身を流れる経絡の走行は、それぞれが各関節と関係性を持っています。
指圧療法に関節運動法を組み合わせることにより治療の幅が広がります。


〜お知らせ〜

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com







スポンサーサイト