FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

フット・マニピュレーション

昨日は、リフレパシー整体のオプション講座である、フット・マニピュレーションの再受講に行ってきました。

フット・マニピュレーションとは、股関節、膝関節、足関節の3つの関節は相互に補正し合っているという三関節原理をもとに、仙腸関節と恥骨結合の歪み(ズレ)の原因を見極め、骨盤を調整し、全身の症状を改善するためのアプローチ法です。

午前中は座学です。
「骨盤の歪み」と言いますが、歪む原理を学びます。

生活習慣やスポーツにより、特定の筋肉に負担をかけ続けてトリガーポイント(TP)が形成され、そのことにより筋肉が短縮し、骨格のバランスを崩す。

妊娠や出産、産後の生活が原因となっている事もあり、その歴史的背景などなど。

そして、腰椎・骨盤・股関節の機能解剖を確認し、関節の連動性と歪みの原因となっている筋肉の作用を学びました。

殿筋群はほとんど股関節筋になるため、TPが形成されると骨盤を歪ませる原因となりやすい。

そして、股関節を正常な位置におさめ、バランスの良い角度で仙腸関節を支える事がとても重要である。

午後からは実技中心で行われました。
各筋肉に対するアプローチ法は、リフレパシー整体講座の基本手技通りですので、本講座のメイン手技である、仙腸関節や下肢の関節のアーティキュレーションや、伝説のオステオパシー医であるフルフォード博士が治療に使用されていたパーカッション・ハンマーでの施術法を学びました。

骨盤由来の症状や足部のトラブルは女性に非常に多い症状ですので、仙腸関節や股関節の操作法はぜひ習得したいですね。

脊柱や骨盤、大腿骨に付着する筋肉を
安定持続圧という按法中心の技法で十分に緩め、

仙腸関節や股関節に対して、アーティキュレーションを行い関節内の潤滑を良くする技法であるフットマニピュレーションを施す事により、按法と摩法のコラボレーションとなり、高い治療効果を発揮する治療法となり得ると思います。

骨盤の歪みに主眼を置いて書きましたが、三関節原理に基づき、膝関節、足関節に関連する筋肉や関節内へのアプローチ法もしっかり学ぶことが出来ました。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト