FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

首肩コリ 上肢の経絡治療

首肩コリの治療に対して、上肢の施術はとても有効です。
また、過度の瞑眩反応をおさえる効果としても上肢の施術は大切になります。

どの上肢の経絡にアプローチをするのかは、経絡テストの理論を用いると診断が可能になります。

まず頚椎の動診として、前後屈、左右側屈を行ってもらい、可動域や動きによる痛みやコリ感を診ます。

首を走行する経絡は、首の前面に陽明経、側面に少陽経、後面に太陽経が流れています。

経絡テストは経絡の伸展障害を診ることが基本になります。

表裏経の考え方を加えて上肢に当てはめてみると、

前屈異常 ⇨ 心・小腸経
側屈異常 ⇨ 心包・三焦経
後屈異常 ⇨ 肺・大腸経
回旋異常 ⇨ 肺・大腸経

上記の分類で症状に対して上肢からアプローチしていきます。

愁訴が「痛い、張ってる」という症状の場合は陽経を、「重い、違和感がある」などの症状では陰経が治療対象経絡になります。

診断按摩を行い、各経絡上で硬結圧痛のあるツボを治療穴として安定持続圧を施します。

また、座位にて治療穴を指圧しながら伸展障害のあった方向に首を動かしてもらうとさらに効果的です。

寝違えや頭痛、めまいなどの症状でも、首のどの動きで異常が現れるかを診る事により、上肢の経絡からもアプローチが出来ます。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト