FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

下肢外則のシビレ

腰殿部に痛みがあり、下肢の外側にシビレのある症状を訴える方がいます。
整形外科を受診しますと、坐骨神経痛と診断されるでしょう。

腰殿部の痛みに対しては、疼痛部位を良く確認して、関連のあるトリガーポイント(TP)を治療します。
脊柱起立筋や中殿筋、大腰筋の関与が多いと思います。

下肢外側のシビレには、小殿筋第1TPが一番の原因となっている事が多いです。



このTPは中殿筋第3TPの近くにあるか、重なるように形成されるケースもあるでしょうから、圧痛や響きを確かめ治療ポイントとします。

小殿筋のTPは、腰方形筋TPやヒラメ筋第3TPとの関連性がありますので、それらの筋肉も治療対象にすると良いでしょう。

患側に内反捻挫の後遺症がある場合や体質的な問題で、腓骨筋群のTPも活性化しているケースもありますので問診や触診で確認が必要です。

小殿筋は中殿筋と重なっているため、深層部に圧が到達するように、垂直に深く浸透する圧になるようにイメージをして指圧をします。
力押しになってしまうと、表層部の筋が防御反応を起こして緊張してしまい圧をブロックしてしまいます。

小殿筋第1TPは、適圧での指圧でもかなり圧痛の強いポイントですので、患者さんの反応を良く見て、圧の持続時間を調整し、間合いをしっかりとって施術しましょう。

経絡的には、胆経の証になります。
慢性化していれば、表裏経の肝経の弱りが原因であることもありますので、膀胱経1行線の肝兪、胆兪。
また、下肢の外側の症状は膀胱経の2行線との関連が強いので、魂門、陽綱の圧痛や響きのあるツボも治療穴とすると良いでしょう。

小殿筋第1TPと胆経の環跳が同じような部位にある事はとても興味深いですね。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト