FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

痛みではなく「重ダルい」

腰痛や肩コリを訴えて来院される患者さんの中でも、症状は「痛い」ではなく「重い」または「ダルい」と表現する方がいます。

例えば、「腰が重い」という主訴の場合、症状は腰部に現れているので、中殿筋、大腰筋などのトリガーポイントを指圧して治療します。

苦痛を訴えている患者さんの、本治より標治を優先するのが原則ですから、症状が緩解すればそれで良いのですが、「重い」という症状のある方は、「湿邪」という邪気が溜まっています。
この湿邪を取り去る治療が本治へつながるのです。

五行では、湿という邪気は土に分類され五臓では脾ですね。

下腿の脾経の治療がポイントになります。
特に去湿効果の高いツボは陰陵泉、地機が代表格です。

また、五行穴の理論では兪穴が「体重節痛を主どる」とあり、身体が重い、ダルいなどの症状に有効です。

例えば腰痛の場合、膀胱経の束骨や胆経の足臨泣などが兪穴となります。

また、重ダルい症状の場合は陰経の経絡異常の事が多いですから、
膀胱経異常の腰痛であれば、表裏経の腎経。
胆経異常の腰痛であれば、表裏経の肝経が治療対象となる事もあります。

※表裏経についてはコチラ
http://shiatsujuku.blog.fc2.com/blog-entry-11.html?sp

溜まった湿邪を取り去る事が目的ですから、指圧法としては瀉法になります。

矛盾している表現になるかもしれませんが、「安定持続圧で瀉法」を施すのです。

「陰中に陽あり、陽中に陰あり」と考えると、治療法も色んなバリエーションがありますね。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト