FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝胆脾胃

背腰部には膀胱経が走行しています。
諸説ありますが、ここでは脊柱起立筋内縁に1行線、外縁に2行線が走行しているとして話しを進めていきます。

背腰部には兪穴という臓腑の気が集まるツボが並んでいて、診断や治療に重要な経穴になってきます。

臓腑を三つに分類すると、横隔膜から上が上焦、横隔膜と臍の間が中焦、臍から下が下焦となりますが、

今回は中焦に属する臓腑に関連する経穴である、
膀胱経1行線の肝兪・胆兪・脾兪・胃兪、2行線の魂門、陽綱、意舎、胃倉を取り上げてみます。

現代医学で言えば消化器系になりますね。
この8つのツボは、ストレスや飲食の不摂生により、邪気が溜まったり、各臓腑の生理機能を弱らせます。
お酒の飲み過ぎ、甘い物の食べ過ぎは特に中焦の臓腑を弱めます。

肝と目は同じ五行に属しますから、パソコン仕事やスマホのやり過ぎも肝を弱める原因となりますね。

症状が慢性化してきますと、2行線に反応が出る事が多いように思います。

このように、現代社会ではまず中焦の臓腑の異常から問題が起こる事が多いですね。

中焦で気が滞り、その影響が上に行けば上焦の、下に行けば下焦の臓腑の異常となって現れます。

したがって、胸椎9番から12番あたりを指圧する事により、中焦の気の流れが良くなり、また8つ(左右で16個)の経穴の中で、一番圧痛の強いツボを指圧する事は特に重要です。
それは症状や体質の改善に一番効果のあるツボとなる可能性も大いにあるでしょう。

ツボからの作用と、太陽神経叢の緊張が緩み消化器系の働きが良くなる効果も期待出来ますね。

五行のバランスの崩れでは、臨床上「木剋土」が最も多く、
木 ⇨ 肝、胆
土 ⇨ 脾、胃

となりますので、まさに肝胆脾胃の治療は自然治癒力を発動させる基本となる考えになります。

肩コリや五十肩、坐骨神経痛などの症状でも、これらの経穴の反応を診て治療すると、根本治療につながります。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。