FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指圧塾 伏臥位 腰部・殿部の指圧法

一昨日は、指圧塾・基本手技コースを開催しました。

内容は、伏臥位での腰部・殿部の指圧法を行いました。


腰部の指圧法では、
腰椎の彎曲を考慮して、垂直方向に圧を入れる事が大切です。

腰椎の生理的前彎に対してや、前彎増強タイプの方では、圧がベッド方向に向かってしまっては、硬結やツボを垂直に捉えることが出来ない部位があります。

圧が彎曲の傾斜に流されないようにするには、施術者はベッドサイドの適切なポジションから、体重をかけることが大切です。

起立筋外縁は、膀胱経2行線や腸肋筋に対しての指圧法となります。

施術部位に対して直角に圧を入れていくと、圧は下肢の方へ流されてしまいます。

上半身は、胸郭もありますし逆三角形だということをイメージして、起立筋の外縁は、やや頭側に斜めに狙っていくと垂直方向となります。

やや斜めに圧を入れていくことによって、浮肋骨の位置の確認もリスクを少なく行えます。


殿部では、
立体的なハート型をしているというイメージを持って、施術面に対して垂直を狙います。

殿部の基本的な施術部位は、梨状筋を基準として、それより上部で練習を行うと、殿部指圧の感覚がつかみやすいです。

この部位には、腰痛や坐骨神経痛などに効く、重要なトリガーポイントもいくつかあります。

殿部は、大殿筋や中殿筋、小殿筋、また脂肪組織などで厚みがありますが、表層部から深層部まで一直線に圧が入ると、治療反応が起きる響く圧となります。


どの部位の指圧法でも基本は同じですが、
拇指圧の場合、拇指に体重が乗っていることが重要です。

拇指を当てて体重をかけていくと、四指や手掌の中央の方に体重が逃げてしまっている事があります。

これは施術者本人は気がつきませんので、練習パートナーに拇指に体重が乗っているかを確認しながら感覚をつかむと良いと思います。


指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/











スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。