FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指圧塾 伏臥位 肩上部・頚部の指圧法

昨日は、指圧塾の基本手技コースを開催しました。

http://shiatsu-juku.com

伏臥位での肩上部・頚部の指圧法を行い、頭顔面部に響く垂直な圧になるように、理論を交えなら実技中心に学んでいきました。

肩上部の筋肉の垂直を捉えるポイントは大きくは2つあります。

①なで肩気味になっている角度に対して垂直。

②上部胸椎の後彎(猫背)度合いに対して垂直。

この2つのポイントをしっかり意識して、また手指で感じとって拇指圧を行う事が重要となります。

そのためには、拇指揉捏を上手く行い、肩上部の筋肉の質感や形状を感じとる事も大切です。

頚部の指圧法では、頚椎の前彎度合いや、筋肉の走行、付着部位を意識して拇指圧を行います。

響かせる圧にするためには、後頭骨や頚椎の椎弓を受けにして、一直線に圧を入れていくことです。

下頚部は筋肉が盛り上がり、肩上部へと繋がっていく部位ですので、施術のしやすいポジションから垂直を狙い、体重をかけていくと圧が深部まで浸透します。

拇指圧や拇指揉捏を行う時に、当然のことのように思われますが、拇指に体重が乗っていることが重要です。

意外と、四指や手掌の中央の方に体重が乗ってしまい、肝心の拇指からは圧が入ってこない施術になっている事があり、この事は施術者本人も気がつきません。

拇指で指立て伏せを行うような過酷な技法ではなく、

拇指や四指の当て方、手首の角度などにコツがあるのです。

重ね拇指圧や並べ拇指圧、片手拇指圧など、症状や体質に応じて様々な手技がありますが、

骨格や筋肉に対して、フィットするように手指を当て、メインとなる拇指にしっかり体重が乗ることによって、
治療反応が起きる安定持続圧となります。


指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/









スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。