FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表裏経

表裏経とは陰陽関係にある経絡の事で同じ五行に属するものになります。

まず12経絡を陰陽に分類しますと、

五臓 → 肝・心・脾・肺・腎・(心包) ⇨ 陰の経絡

五腑 → 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・(三焦) ⇨ 陽の経絡

五行とは、木・火・土・金・水の五つの要素の事で、五行に臓腑を配当しますと、

木 → 肝・胆
火 → 心・小腸、心包・三焦
土 → 脾・胃
金 → 肺・大腸
水 → 腎・膀胱

上記の分類で見ますと、肝経の表裏経は胆経となり、大腸経の表裏経は肺経となるわけです。

この表裏経という考え方をどう治療に活かすかといいますと、
例えば、手の示指に何か症状のある場合、この部位は大腸経が流れていますので、治療対象経絡はそのまま大腸経となるわけですが、大腸経と表裏経になる肺経も治療することにより治療効果が高まります。

そして、症状の表れ方にもよりますが、臓腑の陰陽関係で言いますと陽経の異常は陰経の弱りから起こっている事が多いのです。

慢性化や重症化している症状は特にこの考え方は大切です。

治療に活かす陰陽理論は、上半身と下半身、健側と患側、前面と後面などと、見方はたくさんあると思います。

オモテに表れた現象だけでなく、ウラに隠れている原因にも目を向ける手立てとして表裏経が頭に入っていると良いですね。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/



スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。