FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頚部トリガーポイントを捉えるコツとは/トリガーポイント療法

昨日は、定例のスタッフ研修会で、伏臥位での頚部拇指圧を行いました。

主に後頭下筋群と頭板状筋、頚板状筋のトリガーポイントを捉える練習を行いました。

後頭下筋群トリガーポイント(TP)は、側頭部と目の奥に痛みを送ります。

筋肉の付着部位をしっかりイメージして、C1高位から、またC2高位から後頭骨の下を潜るように圧を入れていきます。

また、後頭骨にへばりつくような硬結がある場合は、拇指で後頭骨下縁の筋の停止部あたりの圧痛を捉えると良く効きます。(後頭骨そのものを指圧する感じになります)

頭板状筋TPは、頭頂部の頭痛には必須の治療ポイントになります。

TPは上頚部に形成される事が多く、後頭下筋群TPと区別がつかない場合もありますが、注意深く触察していくと、乳様突起からV字に走向する筋束を感じとる事が出来ます。

頚板状筋は、第1TPを捉える練習を行いました。
このTPは後頭下筋群TPと同様に、目の奥の痛みに関与します。

筋肉の走向をイメージし、頚椎の椎弓を受けにして、垂直を捉えることが大切ですが、

患者さんが伏臥位になる時に、顎を前に出すタイプと、顎を引くタイプの方がおり、頚椎の彎曲度合いが変わってきますので、そのことも考慮して垂直に圧をかけていきます。

特に顎を前に出し、頚椎の前彎が増強するタイプの方は、

頚部の筋肉や皮膚、皮下組織のようなものがたわんで覆い被さってきます。

それらを上手くどかして、筋肉の硬結に直接圧が届く技術が求められます。

施術者が適圧だと思っていても、覆い被さっている組織の上から指圧をしてしまうと、全く物足りない圧になっている事があり、その事に施術者は気がつきません。

伏臥位で頚部の指圧を行う時は、必ず圧の強さや、圧痛、響く感じなどを患者さんに確認して治療する事が大切です。



指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

現在、
基本手技コースと経絡治療コースを、日曜日と木曜日に開催しております。

申し込みやお問い合わせは、ホームページからよろしくお願い致します。

指圧塾
http://shiatsu-juku.com





スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

委中・環跳の指圧法/腰痛の経絡治療

腰痛全般に効くツボとして、委中と環跳の指圧法についてです。

委中は膝窩中央にあるツボです。
どのツボにも言えることですが、
「ツボは症状によって変動します」
膝窩中央や少し左右、下側と圧をかけていくと「そこです!」というポイントに当たりますので、そこを委中として治療します。

もちろん、膝窩外側の委陽や、内側の陰谷とは区別しなくてはいけません。

委中は圧痛の強いツボですので、膝窩に押し当て過ぎると、強い痛みのため生体は防御反応を起こして硬くなり、圧を響かせてはくれません。

ツボの中心をしっかり捉え、手の力ではなく体重を預けるようにかけていきます。

不快な痛みではなく、腰が軽くなるような圧痛で治療をすることがポイントになります。

環跳は、側臥位で肘圧で行うと捉えやすいです。

殿部は、人によって台形型やハート型など、筋肉や皮下脂肪の付き方によって骨格が違い、垂直の捉え方が変わってきます。

また、圧の受けになる骨盤や股関節の形状をしっかりイメージして、ベクトルを合わせていきます。

ピタリとツボにはまると、腰部が軽く感じたり、下肢に響き、治療反応が起こります。

委中は、膝痛にも治療効果を発揮します。

環跳は、下肢に響かす圧になれば坐骨神経痛にも効きます。
胆経のツボですが、表裏経の肝経の異常がよくあらわれるツボですので、ストレスや肩コリなどでも治療穴として、反応を診ると良いと思います。



指圧塾では、
・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

指圧塾 日曜日コース/背部・肩甲間部の指圧法

本日は、指圧塾の基本手技コースと経絡治療コースを開催しました。

指圧塾 ホームページ
http://shiatsu-juku.com

午前中の基本手技コースでは、背部・肩甲間部の指圧法を行いました。

この部位の施術は、脊柱の彎曲や胸郭に対して垂直に圧を入れる事が、特に重要です。

胸腰移行部では、肝兪あたりから脊柱の彎曲は下り坂になり、胸当ての傾斜
も加わりさらに角度がつきます。

しかし、見た目や触った感じは、筋肉が肥厚しているためフラットに感じられる場合もあり、傾斜に気がつかずに圧を入れてしまうと、垂直を捉える事が出来ません。

本日の講座では、拇指圧で練習を行いましたが、
重ね拇指圧、並べ拇指圧などの、体重をかけるコツをお伝えしました。

きっちり拇指に体重が乗り、安定した圧で正しいベクトルになると、臓腑に響く治療反応が起きる圧となります。

この部位は、肝・胆・脾・胃と中焦のツボが並び、
また腹腔神経叢があるため、交感神経の緊張を緩める重要な部位となります。

背部の指圧法は、臓腑の弱りをあらわす背腰部兪穴や、

最長筋や腸肋筋、下後鋸筋などのトリガーポイントを捉える技術となります。

基本手技を習得する事により、様々な症状に対応が出来るようになります。


指圧塾では、
・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

指圧塾ホームページ

ブログを見て頂きましてありがとうございます。
お知らせがあります。

当指圧塾のホームページを作成しました。
http://shiatsu-juku.com

治療家が学ぶべきポイントやスキルアップの極意、
指圧塾で学べる内容など、様々な情報を発信していきたいと思います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

大腸兪と関元兪について知っておきたい知識/経絡治療

下部腰椎部にある大腸兪と関元兪。
腰痛や坐骨神経痛などでは治療穴となることが多いと思います。

臓腑との関連でも、大腸兪は大腸経の背部兪穴となり、便秘をはじめ大腸経の症状の治療には重要です。

肺経とは表裏関係になりますので、大腸兪の指圧によって呼吸が楽になる事もよくあります。

関元兪は下腹部の元気の関所である関元(小腸経の募穴)と関連があり、
元気がない、スタミナ切れ、下っ腹に力が入らないなどの症状や、婦人科疾患などでも治療穴となります。

大腸兪と関元兪は、
坐骨神経痛や股関節痛、膝痛、ふくらはぎ痛など、
下肢に何か症状がある時は必須の治療穴となります。

上半身と下半身を連結する部位となりますからね。

硬く厚みのある部位ですので、伏臥位で肘圧で施術すると、痛くて気持ち良い圧となり良く効きます。

狭い範囲ですので、肘で腸骨を押さないように気をつけます。

多少は腸骨に当たりますが、ベクトルがしっかりツボに向かっていれば、腸骨への不快感はなく、下肢や下腹部に響き治療効果が期待出来ます。

気をつけたいのは、腰椎を前方に押しこむような圧にならないように、
腰椎の彎曲をしっかりイメージして、そのカーブの角度に対して垂直を捉えるように圧をかけます。

良い圧が入ると、縮んでいた腰が伸びるようだと表現する方もいます。

大腸兪と関元兪は、腰下肢痛などがなくても、コンディション調整にも効果がありますので、全体施術のなかで、圧痛反応があれば持続圧を行うと良いと思います。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

脾・胃経の弱りからの膝痛/指圧・経絡治療

膝痛の患者さんのなかで、お皿(膝蓋骨)の周りや、お皿の中(奥?)が痛いと訴える方がいます。

経絡的に診ていくと、
膝蓋骨の内側を通るのは脾経で、外側を通るのは胃経となります。

膝蓋骨の深部ですと、胃経と脾経の異常と考えて良いと思いますが、

疼痛部位を問診や診察で確認し、異常経絡を判断します。

胸腹部募穴や背腰部兪穴に診断按摩を行うと、胃経と脾経の状態がわかります。

特に背腰部では、脾兪と意舎、胃兪、胃倉の4穴の中で、一番硬結圧痛反応のあるツボが治療穴となりますので、拇指圧と拇指揉捏を行い診断をします。
一番の治療穴が決まりましたら、十分に持続圧を行います。

下肢の経絡上も丁寧に指圧をしていくと、膝痛に関連していると思われるツボがありますので、圧痛反応の強いツボがありましたら治療穴とすると良いと思います。

膝痛の場合、陥谷や公孫などは反応する事が多いですね。

高齢者の場合は、腎経の治療も併せて行うと治療効果が高まります。



指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/



テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

膀胱経2行線の按摩/頚椎の関節運動法/経絡按摩・関節運動法

本日は、経絡按摩・関節運動法講習会に参加してきました。

経絡按摩では、
背腰部膀胱経2行線の捉え方、
治療穴の効用などを学びました。

特に脾・胃経の弱りをあらわす意舎と胃倉に対して、丁寧に診断按摩を行うと正穴の部位よりやや外側にも硬結がある事があり、持続圧を行うと腹部や下肢によく響き、脾・胃経の症状改善に効果が期待出来る事がわかります。

飲食の不摂生がある方には必須の治療穴となりますね。

関節運動法とは、AKA(関節運動学的アプローチ)に中医学の理論を応用した整体法です。

本日は頚椎の関節運動法の練習を行いました。

前後屈や側屈、回旋の動きを良くするための技法になりますが、

正確に手技を行うと、頭顔面部や喉などに響きが起こりますので、

臓腑の弱りや、症状の出ている部位の経絡を判断して、治療関節を決める事が出来ます。

頚椎の椎間関節に機能異常がある部位には、筋硬結も存在します。

その硬結を指圧で緩め、さらに関節の調整も行えれば、相乗効果が期待出来ます。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

腰部指圧法/垂直圧を入れるポイント

伏臥位での腰部指圧法のポイントです。

伏臥位の場合、腰椎は生理的前彎がありますので、
腰部の筋肉は、上部は胸腰移行部から、また下部は腰仙部から、
皮膚や皮下脂肪のような組織が覆い被さってきます。(ダブついている感じです)

このダブつきの上から拇指や肘などで圧をかける時に、ダブつきに滑らされ、圧の方向を変えられてしまうため深部まで圧が浸透しません。

その事に気がつかないと、施術者がちょうど良い圧だと思って圧していても、
患者さんには、全く物足りない弱く浅い圧だと思われてしまう事になってしまいます。

胸当てマットを用いていると、胸椎から腰椎への傾斜角度が増しますので、さらに考慮が必要です。

その事を頭に入れ、
全ての面に対して垂直に、ダブつきに邪魔をされないように一直線に圧を入れます。

時には、ダブつきをどかしてから圧を入れるテクニックも必要となります。

拇指揉捏を行うと、脊柱の彎曲度合いやダブつきの感じを確かめられます。
それから垂直に安定持続圧を行うと良いですね。

頚部やハムストリング、内転筋群の指圧法でも、同じような事に考慮して施術を行うと事が重要です。



指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

腰痛の分類

一昨日は、臨床研究会に参加してきました。

お題は、腰痛についての考察です。
腰痛診療ガイドラインで定義されていますが、

腫瘍や感染、外傷、椎間板ヘルニア、すべり症などの、原因が明らかな腰痛は、特異的腰痛。

明らかな原因のない腰痛を非特異的腰痛と分類します。

腰痛全体の中で、
特異的腰痛は15%
特異的腰痛は85%
という割合になるそうです。

我々は非特異的腰痛の患者さんを治療する機会が多いと思いますので、
その中でも、
筋・筋膜性腰痛や椎間関節性腰痛、変形性脊椎症、姿勢性腰痛、スプラングバック、仙腸関節弛緩症など、

臨床検査によって病態を把握した上で、治療を行う事が重要となります。

また、急性症状なのか慢性化している症状なのかによっても、治療法が変わってきます。

腰痛に対して、下肢のツボやトリガーポイント(TP)から狙う場合は、

愁訴と関連がありそうな圧痛を検出して、その治療ポイントを押さえる事によって、腰部の痛みの軽減があるか、腰椎の可動域が拡大するかなどを診て治療を行うことも大切です。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

鼠径部痛の経絡治療

鼠径部を走行する経絡は主に脾経と胃経になります。

疼痛部位を詳しく聞くと、経穴でいうと、
髀関や気衝の部位は胃経。
衝門の部位であれば脾経の異常となります。

鼠径部に痛みが出る時は、慢性化してるケースや、陰の症状である事が多いため、

胃経の部位に症状があっても、
脾経を主に治療をする事がポイントです。

陽の弱りは陰が原因となっている事が多いため、胃経の異常は脾経の異常が根っこにあるのです。

背腰部の脾兪や胃兪、意舎、胃倉の4穴に診断按摩を行い、一番硬結圧痛反応のあるツボが重要となります。

鼠径部痛の場合、慢性的な脾経の弱りをあらわす意舎が治療穴となる事が多いです。

その治療穴に持続圧を行うと、腹部や鼠径部に響きます。

下肢の経穴では、陰陵泉や公孫などに圧痛反応があり良く効きます。

慢性化した症状や治りにくい症状の場合、陽経が走行する部位に症状があらわれていても、
原因は陰の経絡の弱りにある場合がありますので、
各経絡の表裏経と背部兪穴の知識は必須となります。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。