FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脾・胃経の弱りからの膝痛/指圧・経絡治療

膝痛の患者さんのなかで、お皿(膝蓋骨)の周りや、お皿の中(奥?)が痛いと訴える方がいます。

経絡的に診ていくと、
膝蓋骨の内側を通るのは脾経で、外側を通るのは胃経となります。

膝蓋骨の深部ですと、胃経と脾経の異常と考えて良いと思いますが、

疼痛部位を問診や診察で確認し、異常経絡を判断します。

胸腹部募穴や背腰部兪穴に診断按摩を行うと、胃経と脾経の状態がわかります。

特に背腰部では、脾兪と意舎、胃兪、胃倉の4穴の中で、一番硬結圧痛反応のあるツボが治療穴となりますので、拇指圧と拇指揉捏を行い診断をします。
一番の治療穴が決まりましたら、十分に持続圧を行います。

下肢の経絡上も丁寧に指圧をしていくと、膝痛に関連していると思われるツボがありますので、圧痛反応の強いツボがありましたら治療穴とすると良いと思います。

膝痛の場合、陥谷や公孫などは反応する事が多いですね。

高齢者の場合は、腎経の治療も併せて行うと治療効果が高まります。



指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/



スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

鼠径部痛の経絡治療

鼠径部を走行する経絡は主に脾経と胃経になります。

疼痛部位を詳しく聞くと、経穴でいうと、
髀関や気衝の部位は胃経。
衝門の部位であれば脾経の異常となります。

鼠径部に痛みが出る時は、慢性化してるケースや、陰の症状である事が多いため、

胃経の部位に症状があっても、
脾経を主に治療をする事がポイントです。

陽の弱りは陰が原因となっている事が多いため、胃経の異常は脾経の異常が根っこにあるのです。

背腰部の脾兪や胃兪、意舎、胃倉の4穴に診断按摩を行い、一番硬結圧痛反応のあるツボが重要となります。

鼠径部痛の場合、慢性的な脾経の弱りをあらわす意舎が治療穴となる事が多いです。

その治療穴に持続圧を行うと、腹部や鼠径部に響きます。

下肢の経穴では、陰陵泉や公孫などに圧痛反応があり良く効きます。

慢性化した症状や治りにくい症状の場合、陽経が走行する部位に症状があらわれていても、
原因は陰の経絡の弱りにある場合がありますので、
各経絡の表裏経と背部兪穴の知識は必須となります。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

足臨泣の活用ポイント/経絡治療

足臨泣は胆経の経穴ですが、頭痛や肩コリ、腰痛、下肢痛など、様々な症状の治療穴となります。

まず腰痛ですが、胆経は身体の側面を走行する経絡ですので、主に側屈痛に対して治療効果があります。

経絡テストの考えですが、
例えば、立位で右側屈で左腰部に痛みやツッパリ感の症状がある場合には、左の足臨泣が治療穴として良く効きます。

側屈痛のある腰痛患者さんに対して、治療の仕上げに、立位で足臨泣を指圧しながら、何回か側屈してもらうと、痛みが和らぎ可動域が広がってきます。

足臨泣は、五行穴では体重節痛を司る兪穴になります。
臨床では、主訴の部位が重くてダルいという症状の場合に兪穴を治療穴とします。

坐骨神経痛様の症状で、殿部から下肢の外側の胆経が走行するラインに、重ダルい感じがするという症状はよくあります。

体幹部では、魂門や陽綱、環跳などが治療穴になりますが、
胆経ラインの重ダルい症状を取るには、足臨泣が良く効きますので必須です。

頭部の胆経ラインの頭痛などの時も、足臨泣に強い圧痛反応がある事が多く、
また、肩甲骨周りを緩める効果もあり、頑固な肩こりにも治療穴として用いると良いです。

首肩コリや腰下肢痛などの症状の時に、愁訴の種類を問診で良く聞き、治療穴を選択出来る知識はとても大切です。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

心経の経絡治療の知っておきたいポイント



動悸や息切れ、不安感、狭心症、心筋梗塞など、心臓の弱りや持病をお持ちの方は、
東洋医学でも心経に異常があらわれます。

心経を弱らせる原因は、肝や腎の異常も絡んできますが、
今回は、臓腑でいう心の証の治療について書いてみたいと思います。

心経の異常がある方は、首肩や肩甲骨周りから治療を始めると、体調によっては循環器系に作用してしまい、胸が詰まる感じや動悸などの症状が出てしまう事がありますので、

心臓と離れた部位から治療を始めた方が良いと思います。
周囲の血流を良くしてから患部の治療を行うという事が大切です。

やはり、足底指圧から始めるのが良いですね。

心経の診断穴として、良く用いるのが胸部にある歩廊です。

歩廊の圧痛反応を軽減出来るツボを治療します。

背部兪穴の心兪や厥陰兪にも硬結圧痛反応はあらわれますが、

華陀夾脊穴といって、脊柱の正中ラインから0.5寸の部位にも診断按摩を行うと、胸椎3〜6番位の胸椎棘突起の際に硬結圧痛反応がある事が多く治療穴となります。

ツボでいうと、
肺兪、心兪、厥陰兪の高さの脊柱際の部位になります。

この部位は胸部への圧迫感を考慮して、側臥位で施術をすると良いですね。
垂直にツボを捉えると、胸の詰まりが取れるような、胸が広がるような響きが起こる方もいます。

首肩周りでは、肩上部のやや前側や斜角筋に硬結や圧痛がよくあらわれます。
ツボでいうと肩井の前側、缼盆のやや上あたりとなります。
この部位をよく緩めますと、胸部にも響き、心経の弱りからの首肩コリにも良く効きます。

前腕では、通里に圧痛反応があり、通里を指圧しながら、胸部の歩廊を指圧すると、歩廊の圧痛が軽減する事が確かめられます。

首肩コリや腰痛でも、臓腑の弱りによって治療が変わってきます。
募穴や背部兪穴などの指圧により診断
を行い、症状改善に有効な経穴学の知識はとても重要です。


〜お知らせ〜

指圧塾のホームページを作成中です。

2017年7月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

意舎・胃倉の凹み/臓腑の虚実

慢性的な左側の肩コリを訴えて来院された患者さんがいます。

2.3ヶ月に一度位来院されますが、辛くなる肩コリは決まって左側です。

利き腕が左側なので、日常良く使われる事もあると思いますが、
よくお話しを聞くと、慢性的に胃の調子が悪いそうです。

肩コリを東洋医学的に診ますと、脾・胃経の異常は左側に、肝・胆経の異常は右側にあらわれる事が多いと思います。

しかし、必ずしもそうではないので、先入観を持たずに診察する事は大切です。

今回の患者さんの治療では、首肩周りを良く緩め、

背腰部の膀胱経1行線と2行線に診断按摩を行うと、左側の意舎と胃倉に強い圧痛反応がありましたので、治療穴として十分に拇指持続圧を行いました。

また、上肢では胃経の異常がよくあらわれる曲池と手三里にも圧痛反応がありましたので治療穴としました。

背腰部兪穴を中心に臓腑の異常を診て、一番の硬結圧痛反応を捉える事は症状改善にとても重要です。

今回の患者さんの場合、
患側の左首肩周りよりも、右側の方が筋肉が硬く盛り上がり、

左側の意舎と胃倉も圧痛反応は強かったですが、筋肉の硬さはなく凹んでいる感じでした。

経絡指圧では、この状態を虚のコリと表現しますが、

慢性化して長い期間経ってますので、左側の気の流れがとても悪く、筋肉に張りがなく元気のない状態になっていると考えられます。

見かけ上、盛り上がって張っている部位(実)と力なく凹んで見える部位(虚)とありますが、

どちらも治療上重要なヒントになります。

臓腑の虚実を診て、一番効くツボを押された患者さんは、「そこを治療してもらえば治る!」という感覚を持ってくれて、信頼関係を築く事にもつながります。




指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。