FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝痛の指圧療法のポイントとは/経絡治療・トリガーポイント療法

膝痛を訴えて来院された患者さんがいます。

疼痛部位は、膝蓋骨下やや内側で、ツボでいうと内膝眼のところです。

大腿四頭筋を良く緩めるのですが、その中でも大腿直筋第1と内側広筋第1のトリガーポイント(TP)が重点部位となります。

拇指揉捏で、硬結やTPの圧痛を確かめて、一番反応の強いポイントに拇指持続圧を行います。

そして、膝窩の硬結も揉捏で良く緩めます。
ツボでいうと、膝窩には委中を中心に陰谷、委陽とありますが、これらのツボの治療は膝痛に良く効きます。

三関節原理で考えていくと、股関節と足関節との連動性も大切ですので、

殿部筋群と足底の筋肉を良く緩めて、膝関節への負担を軽くします。

経絡的には、脾経の異常と考えますので、
脾経が流れている脛骨内側縁の硬結を捉えて響かせます。

陰陵泉や地機、三陰交などの部位で、気の流れが滞っている事が考えられます。

また、背部では脾・胃経の異常があらわれる脾兪や胃兪、意舎、胃倉の4穴で一番硬結圧痛反応の強いツボの持続圧も重要となります。

身体全体を施術したあとに、仰臥位で膝窩の硬結や圧痛の反応を確かめてみると、施術前よりも軟らかくなり圧痛も軽減されていれば、膝の痛みも改善している事が多いです。

慢性化している膝関節痛は、一回の治療では、改善が認められない事もありますが、
原因となっているツボやTPを捉えて響く感じが得られれば、患者さんは治療効果を実感して治療を継続してくれます。そして、信頼関係を築いていくことによって治癒へと向かっていきます。



指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/




スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

高齢者の腰痛治療ポイント

高齢者の腰痛患者さんの腰部は、筋肉が張っているというより、萎縮するように硬くなっている事があります。

筋肉に弾力性がなく、これでは腰椎を支えるのは大変だなという印象です。

腰痛に関与する殿筋群のトリガーポイント(TP)は、大殿筋第1、第2、中殿筋第1、第3TPなどです。

これらを中心に殿筋群を指圧をしていくと、「そこが痛い!」というポイントがあります。
その治療ポイントは、腰痛をはじめ股関節痛や膝の痛みとも関与していますので、重要ポイントです。

また、高齢者の症状では腎経の治療が大切です。

下肢に走行する腎経のラインで、圧痛反応のあるツボを中心に治療をします。

陰谷や築賓、復溜、太谿、照海などが圧痛反応があり、治療穴となる事が多いです。

腰部では、腎兪と志室に診断按摩を行うと、硬結圧痛反応に左右差がありますので、4穴の中で一番反応のあるツボに持続圧を行うと、腹部や下肢によく響き治療効果が高まります。

治療の仕上げに、腰部や下肢の関節に運動法を行うと、さらに血流がよくなり、治療後から快調に歩く事が出来て、患者さんも治療効果を体感出来ます。



指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

寝違えのような症状/経絡治療・トリガーポイント療法

2週間前から、寝違えたように首肩周りが固まってしまい、いまだに完全に痛みが取れないという患者さんが来院されました。

痛みのピークは越えたそうですが、まだ左右の側屈と回旋時に痛みが残ります。

グキッと痛めたわけではなく、パソコン仕事をしていたら、徐々に固まってきたそうです。

年に1、2度来院される方なので知っているのですが、毎日お酒をたくさん飲まれる方です。

疲労の蓄積と、最近の気圧の変化や寒暖差なども原因と思われますが、

毎日のアルコールも悪さをしていると思われます。

飲酒により肝臓は忙しく働き、
肝が弱ると筋が弱くなると、東洋医学では考えます。

瘀血も考えられるため、行気活血を目的に、
太衝、三陰交、内関、間使の4点セットです。

特に両側とも内関には強い圧痛がありました。

過労、運動不足、飲酒、ストレスなどの影響で首が回らなくなる場合、
気血が滞り、筋肉が固まっています。

首肩周りの治療の場合は、上肢から響きやすいため、内関がよく反応するのです。

瘀血や筋の証を治療した後に、
肩甲挙筋と僧帽筋のトリガーポイント(TP)をよく緩めました。

慢性疲労もありますので、斜角筋もすごく硬くなっていました。

斜角筋が硬くなると首の安定感が弱まり、寝違えを発症しやすくなりますから日頃からメンテナンスは大切です。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

背腰部に圧痛の無い腰痛/経絡治療・トリガーポイント療法

腰痛を訴えて来院された患者さんです。

中腰での作業をしていたら腰に違和感を感じ始め、どんどん痛くなり、前屈動作が困難になってきて、このままでは動けなくなるかもしれないと、来院されました。

立位での動診は、前屈動作のみ痛みがありました。
疼痛部位は腰部L2高位の真ん中あたりです。

始めは、側臥位で最長筋と腸肋筋、深部脊柱筋(T9〜L5)に拇指圧を行いましたが、圧痛反応はありませんでした。(両側とも無し)

続いて、腰痛の原因となりやすい中殿筋のトリガーポイント(TP)に肘圧を行うと、左側の中殿筋第3TPに圧痛はありましたが、いつもの慢性腰痛時の圧痛と同じで、「それです!」という圧痛ではないようです。

背腰部と殿部に圧痛がありませんでしたので、脊柱起立筋や殿筋群を痛めたわけではなさそうです。

このような場合は、大腰筋のTP活性の可能性が高いと思います。
両側ともTP活性しているポイントを捉えると強い圧痛があり、腰部に響く感じがありましたので、十分に持続圧を行いました。

発症状況から、瘀血の証も考えられましたので、

行気活血を目的に、
三陰交と内関、間使を治療穴として瀉法の指圧を行いました。

施術後は痛みは半減しておりましたので、生活指導としては、絶対安静というわけではなく、同じ姿勢が長く続かないように、少しずつ身体を動かしたり、腰をほぐす目的で15分程度の軽いウォーキングをすると良いです。とお伝えしました。

疲労の蓄積や天候不順などにより、少しずつ体調が悪くなってくると、このようなタイプの腰痛が出やすいです。

疼痛部位の圧痛の有無を確かめ、TP活性や気血の滞りを頭に入れて、治療を行うと良いですね。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。