FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尺沢・孔最の指圧法で知っておくべき3つのこと

前腕の掌側面には、手に流注する経絡の中で、陰経が3本走行しています。

その中で、解剖学的正位にした時に一番外側を流れるのが肺経です。

今回は、肺経の経穴である尺沢と孔最の指圧法で、知っておくべき3つのポイントを説明します。


①前腕はやや回内位になっている

仰臥位で前腕の肺経を指圧する時に注意するポイントは、前腕がやや回内位になっていることです。(例外もある)

大胸筋の短縮などにより、上腕骨が内旋している事が主な原因と思われますが、

仰臥位では、上肢がやや内旋位の方がリラックス出来るのでしょう。

回内している前腕では、橈骨がやや前方に位置するため施術面が傾斜します。

肺経の中でも、尺沢や孔最など前腕で筋肉の厚みがある部位は、この傾斜している面に対して垂直に圧が入らないと、ツボを捉えることが出来ません。

拇指揉捏などで、肺経の走行する面の傾斜を確かめてから、ツボを正確に捉えることが大切です。

また施術時に、患者さんの手関節あたりを軽く把持して、肘関節を軽度屈曲位にする場合は、その面に対する垂直も考慮する必要があります。


②橈骨を押さない

肺経は前腕の橈側を走行します。
やや回内位になっている前腕の肺経ラインをそのまま床方向に圧を入れてしまうと、

橈側に付着している筋群が内方へ移動してしまい、施術者の拇指はそのまま橈骨に当たってしまいます。

このような圧は、骨膜刺激となり不快な痛みを与えてしまいます。

掌側面の外側に肺経は流れていますが、外側を狙い過ぎると、経絡やツボを捉えることが出来ません。

肺経の走行ラインと、腕橈骨筋などの筋の隆起や橈骨との位置関係を把握しておきましょう。


③左前腕の肺経を施術する時は、施術者は右手の拇指を使う

施術に使う手指は、施術者のやりやすい方で良いのですが、

まず基本手技として、上記のパターンで行って下さい。

左前腕の肺経に拇指圧や拇指揉捏を行う時は、右手で手技を行う方が、患者さんの前腕に手指がフィットして、肺経を捉えやすいのです。

これは、理屈ではなく感覚的なことです。

相手の前腕を「つかむ」のではなく、「つかまる」ような感じで、筋肉の形状に合わせて手指を当てて手技を行うと、

圧痛があっても、患者さんは防御せずリラックスして施術を受けることが出来ます。


以上、3つのポイントを知っていれば、肺経の尺沢や孔最を垂直に捉え、治療反応が起きる圧となります。


※経絡やツボ、トリガーポイントなどは、症状や体質などにより変動しますので、実際の臨床では上記の基本を理解したうえで、臨機応変に施術を行うことが大切です。



指圧塾では、

・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/









スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

委中・環跳の指圧法/腰痛の経絡治療

腰痛全般に効くツボとして、委中と環跳の指圧法についてです。

委中は膝窩中央にあるツボです。
どのツボにも言えることですが、
「ツボは症状によって変動します」
膝窩中央や少し左右、下側と圧をかけていくと「そこです!」というポイントに当たりますので、そこを委中として治療します。

もちろん、膝窩外側の委陽や、内側の陰谷とは区別しなくてはいけません。

委中は圧痛の強いツボですので、膝窩に押し当て過ぎると、強い痛みのため生体は防御反応を起こして硬くなり、圧を響かせてはくれません。

ツボの中心をしっかり捉え、手の力ではなく体重を預けるようにかけていきます。

不快な痛みではなく、腰が軽くなるような圧痛で治療をすることがポイントになります。

環跳は、側臥位で肘圧で行うと捉えやすいです。

殿部は、人によって台形型やハート型など、筋肉や皮下脂肪の付き方によって骨格が違い、垂直の捉え方が変わってきます。

また、圧の受けになる骨盤や股関節の形状をしっかりイメージして、ベクトルを合わせていきます。

ピタリとツボにはまると、腰部が軽く感じたり、下肢に響き、治療反応が起こります。

委中は、膝痛にも治療効果を発揮します。

環跳は、下肢に響かす圧になれば坐骨神経痛にも効きます。
胆経のツボですが、表裏経の肝経の異常がよくあらわれるツボですので、ストレスや肩コリなどでも治療穴として、反応を診ると良いと思います。



指圧塾では、
・治療反応を起こす指圧法の基礎
・症状別の経絡治療や経穴学
・筋肉別のトリガーポイント療法
・仙腸関節を中心とする関節の治療技 術であるAKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

大腸兪と関元兪について知っておきたい知識/経絡治療

下部腰椎部にある大腸兪と関元兪。
腰痛や坐骨神経痛などでは治療穴となることが多いと思います。

臓腑との関連でも、大腸兪は大腸経の背部兪穴となり、便秘をはじめ大腸経の症状の治療には重要です。

肺経とは表裏関係になりますので、大腸兪の指圧によって呼吸が楽になる事もよくあります。

関元兪は下腹部の元気の関所である関元(小腸経の募穴)と関連があり、
元気がない、スタミナ切れ、下っ腹に力が入らないなどの症状や、婦人科疾患などでも治療穴となります。

大腸兪と関元兪は、
坐骨神経痛や股関節痛、膝痛、ふくらはぎ痛など、
下肢に何か症状がある時は必須の治療穴となります。

上半身と下半身を連結する部位となりますからね。

硬く厚みのある部位ですので、伏臥位で肘圧で施術すると、痛くて気持ち良い圧となり良く効きます。

狭い範囲ですので、肘で腸骨を押さないように気をつけます。

多少は腸骨に当たりますが、ベクトルがしっかりツボに向かっていれば、腸骨への不快感はなく、下肢や下腹部に響き治療効果が期待出来ます。

気をつけたいのは、腰椎を前方に押しこむような圧にならないように、
腰椎の彎曲をしっかりイメージして、そのカーブの角度に対して垂直を捉えるように圧をかけます。

良い圧が入ると、縮んでいた腰が伸びるようだと表現する方もいます。

大腸兪と関元兪は、腰下肢痛などがなくても、コンディション調整にも効果がありますので、全体施術のなかで、圧痛反応があれば持続圧を行うと良いと思います。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。