FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏臥位 肩上部の指圧法

伏臥位での肩上部の指圧は、肩コリのある患者さんはとても気持ち良く感じられる部位ですね。

首と肩の付け根から肩峰部までの部位になります。
肩峰に近い部位には巨骨という大腸経のツボがありますが、そのツボを治療穴としない場合は、肩上部の内側3分の2くらいの範囲が基本的な施術部位になります。

首肩の付け根部分では、硬結を捉えた時に、そのポイントが付け根を境界として、頚部なのか肩上部なのかを感じなくてはいけません。
それによって圧の角度や強さが変わってきます。

肩上部だと思って、頚部の筋肉を押してしまうと圧が強過ぎてしまいますし、反対に頚部という意識で肩上部の筋肉を押していると弱い圧になり深部まで圧が浸透しません。

付け根部には、僧帽筋第1や肩甲挙筋トリガーポイントがあり重要な部位ですので、響きがあるか、圧の強弱なども患者さんに聞きコミニュケーションを取りながら施術すると良いと思います。

肩上部の筋肉は前側と後側では筋の厚みや性質が違います。

前側は少し敏感ですので軽めの圧(体重はしっかりかけます)になり、後側は筋に厚みがありますので、深部に浸透するようにしっかり圧を入れていきます。

また、なで肩気味になっていますのでその角度に合わせて垂直に狙うとポイントを捉えやすいので、施術者のポジショニングも大切になります。

痛くて気持ちの良い部位であり、僧帽筋第1TPや肩井というツボがあり、それらは人によって変動します。

「先生、そこそこー!」というポイントを捉える事が出来ると、頭顔面部や肩甲間部にも響きが起こり、身体全体の緊張を取る効果が期待出来ます。


杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf
スポンサーサイト

大腿内側部の指圧法

大腿部内側部の指圧法は、側臥位になってもらい、上になっている下肢の股関節・膝関節を屈曲し、下になっている側の大腿部内側面、経絡では腎経や肝経を施術しやすいポジションにします。(増永経絡では心包経もあります)

トリガーポイント(TP)では、内転筋群や半腱様筋・半膜様筋が捉えやすくなります。

運動などで痛めたなどでなければ、大腿部内側部が痛むなどの自覚症状はあまり多くないように思いますが、押圧すると不快な痛みを訴える方がいます。

肩コリや腰痛、胃腸の調子が悪いなど、身体をめぐる気血の流れが悪く慢性的な症状をお持ちの方は、この部位の施術が治療効果を高めるように思います。

指圧法は、肘頭や尺骨を上手く使うと捉えやすいですが、筋肉が柔らかく敏感な部位ですから圧が強過ぎればよけいに緊張させてしまい、弱過ぎれば効かない難しい部位でもあります。

また筋肉の遠位部は膝関節が近くなり、痛みを感じやすいため注意が必要です。

また、内転筋群を施術するつもりで、肘が内側広筋に当たってしまうと、両筋は性質が違うため、強過ぎる圧になってしまいます。

内転筋群のTPを鎮静化させる事により、鼠径部や膝内側の痛みや、股関節の可動域を広げる効果が期待出来ます。

大腿部内側の筋肉の性質や骨格のイメージをしっかり持ち垂直を捉える事が大切です。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

脊柱起立筋の指圧法

11月3日(木)の指圧塾初級コースでは、伏臥位での背部の指圧法を学びます。

伏臥位での背部指圧法のポイントは、脊柱の彎曲や胸当ての角度、また胸腰移行部の筋の肥厚を考慮して垂直を捉えることです。

圧の角度がズレてしまうと、治療効果が期待出来ないだけでなく、「もっと強く押して!」と言われてしまうかもしれません。

胸椎7番から12番くらいまでの指圧法を練習します。
脊柱起立筋の内縁や外縁、筋腹を狙いますが、それぞれ垂直の捉え方が変わってきます。

起立筋内縁部(膀胱経1行線)の指圧法は、経絡や筋線維は縦に走行しています。これをしっかりイメージして下さい。

その縦に走行しているラインに真っ直ぐ圧を入れたいのですが、患者さんはベッドに伏臥位になっていて、施術者はその横に位置しており、そこから重心移動をして圧をかけるため、垂直に圧を入れるのが難しいのです。

正しい指圧が施されると、腹部や上方、または下方にも響く感じがあり、「先生、そこそこっ!」という効いてる実感が出ます。

圧をやや内方に向け椎弓を受けにしたり、やや外方に向け筋硬結を受けにすると、また違った響き方をするでしょう!

最長筋のトリガーポイントを狙うには筋腹を指圧します。
体重を乗せた時に、筋硬結が内側や外側に逃げられないように垂直に指圧するためには、母指や肘の当て方にコツがあります。
これは文章では説明しづらいので、実技でやりますのでしっかり習得して下さい。

起立筋外縁部は、膀胱経2行線や腸肋筋トリガーポイントを狙います。

筋肉が薄く感じられますが、腸肋筋を狙う場合はしっかり筋硬結を捉え、肋骨や肋間を受けにして圧を入れます。

また腸肋筋外縁部と肋骨の境い目を狙う場合は、ベッド方向に圧が向かってしまうと肋骨を押してしまいます。胸郭に対して垂直に圧が入るように方向を意識すると良いでしょう。

背部の筋肉の質や骨格の形状を把握するためには、母指揉捏も重要な技法になります。
肘圧とあわせて練習していきたいと思います。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

下腿前側部の指圧法

10月20日(木)の指圧塾 初級コースでは仰臥位での下腿前側部(腓骨筋群含む)の指圧法を行ないます。

脛骨の外側には前脛骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋が付着していますが、これらの筋群は硬く感じられる筋肉のためしっかり圧を入れていきます(強押しするという意味ではない)。

重ね母指圧や並べ母指圧で、脛骨や筋自体を受けにして安定持続圧をします。

脛骨外側顆から3〜4寸下がったところが筋が一番太くなり、そこから遠位にかけて細くなっていきます。
骨模型を見てイメージするとわかりやすいですが、脛骨はやや外側と前側にカーブしていますので、筋肉と骨の形状に合わせて垂直に圧を入れます。

仰臥位になると、下肢はやや外旋し脛骨外側に付着する筋群は施術しにくくなります。
この場合、無理につま先を天井に向けてしまうと膝が浮いてしまったり、ソケイ部に不快感を与えてしまう事がありますので、下肢の骨を転がすように自然に少しだけ内旋して施術すると良いでしょう。

腓骨筋群は細いですので、筋腹や硬結の中心部、筋の前縁や後縁を的確に狙います。
後縁を狙う時は腓骨に母指が当たらないように気をつけましょう。筋肉に触れているつもりでも、圧の方向がズレると腓骨に刺激がいってしまいます。

仰臥位での脛骨の内縁の施術は、筋肉というよりは脾経の指圧になります。脾経よりわずかに後方には小腸経(増永経絡)も走行していますので証によっては施術対象になります。

この二つの経絡の施術は膝下に枕などを入れ、膝関節を軽度屈曲位にすると捉えやすくなります。
または、それぞれの経絡伸展ポジションで施術をする技法もあります。
母指を脛骨に当てないよう体表からは触れられない骨の丸み部分をイメージして指圧します。

仰臥位での下腿前側部の指圧法では、施術部位を安定させるための、四指の当て方も重要ポイントになりますので学んでいきましょう。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

足底・足背部の指圧法

10月6日(木)の指圧塾初級コースでは、仰臥位での足底部・足背部の指圧法を行います。

足部は足根骨や中足骨などにより足底アーチが形成されています。
アーチは足裏内側の方が深く外側の方が浅くなり、踵寄りは硬くつま先寄りは柔らかく感じます。
そして丁寧に触察すると、骨や筋硬結などにより凹凸があります。

足底から全身に響かせる圧にするためには、それらの事を考慮して垂直を捉えなければいけません。
また、安定した圧にするために足の甲を包み込むように手を当てます。
実はこの支え手がとても大切です。

茶道の大家、千利休の教えに「右の手を扱ふ時はわが心 左の方にあるとしるべし」とあります。
指圧の技法でもこの精神は通じるところがありまして、
圧を入れる手と受ける手の両方が、全ての面に対して垂直になることによって治療反応が起こる圧になります。

また、足底部が緩んでくると足関節の拘束が取れてきて、膝関節、股関節との連動性が良くなってきます。

基本的な技法は仰臥位で練習しますが、側臥位で下になっている側の足底部を指圧する技法もあり、経絡反応や臓腑、頭(脳)に響く感じや、下肢の三関節(股関節、膝関節、足関節)の拘束に効く感じなどを体感されると足底の治療が面白く感じられると思います。

特に女性は足部のトラブルが多いですし、足部からのアプローチに反応しやすいですから重要な技法になります。

足背部は骨間筋に対する指圧法になりますが、様々な症状に治療効果が期待出来る重要な経穴(太衝、内庭、陥谷、足臨泣など)がいくつかあり、技法としては瀉法がメインになります。

経絡経穴、トリガーポイントに関しては中級コースで学んでいきますが、それらの「ツボ」を活かすための按法(安定持続圧)を初級コースで身につけたいと思います。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。