FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

表裏同名経

表裏経と同名経について書いてきましたが、これを活かすのが経絡治療のコツです。

今回は、表裏同名経(同名表裏経)という考え方をプラスしてみましょう。

例えば、胃の調子が悪いとします。問診や腹診から胃経の異常と診断し治療を行いますが、

身体全体から胃へアプローチをしたいところですから、胃経以外の経絡からも治療効果を狙います。

足の陽明胃経
表裏経 → 足の太陰脾経
同名経 → 手の陽明大腸経

これで胃経と関連する2つの経絡が治療対象の候補に出てきました。

そしてさらに、胃経の表裏経は脾経ですが、その脾経の同名経は肺経になり、

胃経の同名経は大腸経ですが、その大腸経の表裏経も肺経になります。

ですので、胃経と肺経の関係は表裏経の同名経(同名経の表裏経でもある)になるので関連が強いのです。

この関係性は12経絡全てにあり、整理しますと、

①肺・大腸・胃・脾
②心・小腸・膀胱・腎
③心包・三焦・胆・肝

という3つのグループに分けられます。
このように1つの経絡に対して、表裏経、同名経、表裏同名経(同名表裏経)と、3つの経絡との関連性が見えてきます。

始めは頭が混乱しますが、施術に取り入れていくうちにスッキリと体系化されてくるでしょう。

ここで経絡テストの理論を取り入れてみますと、

まず、人間が直立していると思って下さい。解剖学的正位ではなく、手掌を内側に向けます。いわゆる「気をつけ!」の姿勢です。

この時に、身体の前面を走行するグループは上記の①。後面を走行するグループは②。側面は③のグループとなります。

経絡テストでは主に経絡の伸展障害を診ますので、首や腰の動きと照らし合わせてみますと、

後屈異常は①のグループ
前屈異常は②のグループ
側屈異常は③のグループ

このように分類されます。

問診や腹診、または症状のある部位から原因となっている経絡を診断しますが、身体の動きからでも経絡の弱りを診る事が出来るのです。

そして、表裏経や同名経、表裏同名経(同名表裏経)を中心に全身からアプローチすると治療効果が高まります!


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/




スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

同名経

古典経絡でいう正経12経では、
上肢には、肺経、心包経、心経、大腸経、三焦経、小腸経の6経が、

下肢には、脾経、肝経、腎経、胃経、胆経、膀胱経の6経が流れています。

その各経絡には正式名称がありまして、

手の太陰肺経、手の厥陰心包経、手の少陰心経、手の陽明大腸経、手の少陽三焦経、手の太陽膀胱経

足の太陰脾経、足の厥陰肝経、足の少陰腎経、足の陽明胃経、足の少陽胆経、足の太陽膀胱経

上記のようになりますが、上肢と下肢で同じ名称のついた経絡があるのにお気づきだと思います。

これを同名経と言います。
手の太陰肺経の同名経は足の太陰脾経で、足の太陽膀胱経の同名経は手の太陽小腸経となりますね。

前回のブログで表裏経について書きましたが、ある経絡に異常がありますと、表裏経の他に同名経にも異常が表れやすい。または治療対象経絡になるという事になります。

例えば、肘の外側の大腸経に痛みがある場合、大腸経が治療対象経絡になりますが、手の陽明大腸経と同名の足の陽明胃経も治療すると効果が高まります。

上肢に表れた症状であっても、下肢からもアプローチが出来るという事です。これも陰陽論の活用となりますね。

表裏経と同名経の組み合わせを覚えておくと、症状に対して一つの視点からではなく多角的に診る事が出来るようになりますし、身体全体を施術する時にも重点部位がイメージしやすくなり、経絡治療が楽しくなってきます。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/




テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

表裏経

表裏経とは陰陽関係にある経絡の事で同じ五行に属するものになります。

まず12経絡を陰陽に分類しますと、

五臓 → 肝・心・脾・肺・腎・(心包) ⇨ 陰の経絡

五腑 → 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・(三焦) ⇨ 陽の経絡

五行とは、木・火・土・金・水の五つの要素の事で、五行に臓腑を配当しますと、

木 → 肝・胆
火 → 心・小腸、心包・三焦
土 → 脾・胃
金 → 肺・大腸
水 → 腎・膀胱

上記の分類で見ますと、肝経の表裏経は胆経となり、大腸経の表裏経は肺経となるわけです。

この表裏経という考え方をどう治療に活かすかといいますと、
例えば、手の示指に何か症状のある場合、この部位は大腸経が流れていますので、治療対象経絡はそのまま大腸経となるわけですが、大腸経と表裏経になる肺経も治療することにより治療効果が高まります。

そして、症状の表れ方にもよりますが、臓腑の陰陽関係で言いますと陽経の異常は陰経の弱りから起こっている事が多いのです。

慢性化や重症化している症状は特にこの考え方は大切です。

治療に活かす陰陽理論は、上半身と下半身、健側と患側、前面と後面などと、見方はたくさんあると思います。

オモテに表れた現象だけでなく、ウラに隠れている原因にも目を向ける手立てとして表裏経が頭に入っていると良いですね。


指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/



テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体