FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

腰痛の分類

一昨日は、臨床研究会に参加してきました。

お題は、腰痛についての考察です。
腰痛診療ガイドラインで定義されていますが、

腫瘍や感染、外傷、椎間板ヘルニア、すべり症などの、原因が明らかな腰痛は、特異的腰痛。

明らかな原因のない腰痛を非特異的腰痛と分類します。

腰痛全体の中で、
特異的腰痛は15%
特異的腰痛は85%
という割合になるそうです。

我々は非特異的腰痛の患者さんを治療する機会が多いと思いますので、
その中でも、
筋・筋膜性腰痛や椎間関節性腰痛、変形性脊椎症、姿勢性腰痛、スプラングバック、仙腸関節弛緩症など、

臨床検査によって病態を把握した上で、治療を行う事が重要となります。

また、急性症状なのか慢性化している症状なのかによっても、治療法が変わってきます。

腰痛に対して、下肢のツボやトリガーポイント(TP)から狙う場合は、

愁訴と関連がありそうな圧痛を検出して、その治療ポイントを押さえる事によって、腰部の痛みの軽減があるか、腰椎の可動域が拡大するかなどを診て治療を行うことも大切です。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/






スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体