FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰部指圧法/垂直圧を入れるポイント

伏臥位での腰部指圧法のポイントです。

伏臥位の場合、腰椎は生理的前彎がありますので、
腰部の筋肉は、上部は胸腰移行部から、また下部は腰仙部から、
皮膚や皮下脂肪のような組織が覆い被さってきます。(ダブついている感じです)

このダブつきの上から拇指や肘などで圧をかける時に、ダブつきに滑らされ、圧の方向を変えられてしまうため深部まで圧が浸透しません。

その事に気がつかないと、施術者がちょうど良い圧だと思って圧していても、
患者さんには、全く物足りない弱く浅い圧だと思われてしまう事になってしまいます。

胸当てマットを用いていると、胸椎から腰椎への傾斜角度が増しますので、さらに考慮が必要です。

その事を頭に入れ、
全ての面に対して垂直に、ダブつきに邪魔をされないように一直線に圧を入れます。

時には、ダブつきをどかしてから圧を入れるテクニックも必要となります。

拇指揉捏を行うと、脊柱の彎曲度合いやダブつきの感じを確かめられます。
それから垂直に安定持続圧を行うと良いですね。

頚部やハムストリング、内転筋群の指圧法でも、同じような事に考慮して施術を行うと事が重要です。



指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/

スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

頭半棘筋・斜角筋の指圧法

首肩コリと全身の疲労を訴えて来院された方がいます。
寝ても休んでも疲れが取れないという、
慢性疲労症候群という状態ですね。

良くお話しを聞くと、最近仕事が忙しいため、過労と強いストレスが大きな原因だと思われます。

このように交感神経が過緊張にある方は、頭半棘筋と斜角筋に強い筋緊張がありますので、両筋を良く緩める事が大切です。

トリガーポイント(TP)の関連痛の考えというより、施術によって自律神経に作用しやすい筋肉なのです。

頭半棘筋は、頚椎棘突起の際にある筋肉で、垂直に狙っても硬結や筋束に逃げられて押圧しにくい筋肉です。

棘突起から横突起に向かうカーブする部位(椎弓)を受けにして、集中して丁寧に狙うと捉える事が出来ます。

斜角筋は敏感な部位ですので、側頚部というよりは前頚部という意識を持って狙うと当たりが良くなります。

スジ状に硬くなっていますので、押すという意識ではなく、「手指を当てる、押さえる、蓋をする」という感覚で丁寧に施術をする事が大切です。

斜角筋に正確に圧が入ると、肩甲骨や上肢によく響きますので、
「背中や腕に響きますか?」と、こちらから聞いてあげると患者さんも不安なく施術が受けられます。

頭半棘筋は頭部に、斜角筋は上肢などによく響く筋肉ですので、

両筋を治療する時は、瞑眩反応を最小限にするため、首肩周りの局所治療ではなく全身に施術を行い、身体全体の血流を良くする事も忘れてはいけません。


指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。

指圧塾
指圧療法・経絡治療・トリガーポイント療法の講習会
http://shiatsu-juku.com/




テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

内転筋群の指圧法

内転筋群の指圧治療は側臥位で行います。
上側の下肢の股関節と膝関節を屈曲させ、下側の内転筋群を施術しやすいポジションにセットします。
手根圧迫や肘での圧迫が適していると思います。

その時に、施術する側の股関節と膝関節を完全に伸展位にすると、半腱・半膜様筋が盛り上がり、手根や肘が内転筋群に当てづらくなります。

また、股関節と膝関節を屈曲しすぎると、今度は盛り上がってくる内側広筋に手根や肘が当たってしまいます。

施術する側の股関節と膝関節は軽度に屈曲位にさせると、内転筋群を捉えやすいポジションになります。

内転筋群は圧に敏感な部位ですので、圧の入れ方や強さには十分に気をつけます。

内転筋群のトリガーポイント(TP)の治療は、鼠径部痛や膝関節の内側痛に良く効きます。

また、肝経の弱りが原因の肩コリや腰痛、ストレス症状などでも良く治療反応が出る部位です。

運動していても、負荷がかけづらく筋力低下を起こしやすい部位ですので、筋肉は弾力性を失っているため、この部位の適切な施術は、全身の血流改善につながります。

内転筋群の指圧練習では、パートナーに、手根や肘が半腱・半膜様筋や内側広筋に当たってないかを確認しながら行って下さい。
(それぞれ圧痛が違いますからよくわかります。)

骨盤から大腿骨に付着する筋肉ですので、筋硬結があると股関節や仙腸関節の異常として症状を出す事も考えられます。

座位で足を組んだり、横座りをするクセがある方には、必須の治療ポイントになりますね。


〜お知らせ〜

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com




腹直筋の指圧治療

腹直筋は、硬くなってもコリ感や痛みという自覚症状を感じにくい部位です。

筋力低下や不良姿勢などによる骨盤後傾位では、腹直筋は短縮しており、トリガーポイント(TP)が活性化すれば、背部痛や腰痛を引き起こします。

骨盤前傾位でも、腰部の筋緊張に拮抗するために、腹直筋も緊張します。

腰背部痛の患者さんで、疼痛部位を入念に緩めても治療効果が思わしくない場合は、腹直筋を丁寧に指圧すると良いと思います。

シックスパックをイメージして、筋肉のブロックを一つずつほぐしていくように四指を用いて指圧をします。

腹直筋は押圧時に受けになる組織がないため、適度な深さへの安定持続圧を根気良く行います。

腰痛といえば、大腰筋の指圧も必須になりますが、大腰筋を狙う前に腹直筋の硬さや筋緊張を診る事が大切です。

腰背部という身体の陽の部位だけでなく、腹部という陰の部位に注目して、陰陽のバランスの良い施術を行うと、治療効果が長く持続し、本治へと向かう事が出来るのです。


〜お知らせ〜

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com





頚部の指圧法 伏臥位

伏臥位での頚部指圧法のポイントについてです。

伏臥位になると、顎を前に出すようにうつ伏せになられる方が多く、頚椎の生理的前彎が増強します。

そのため、頭部側と肩上部側から、皮膚や皮下脂肪のような組織(以下、ダブつきと記す)が頚部の施術部位に覆い被さってくる状態になります。

その状態を考慮して、上手に手指でダブつきをどかして、頚部の筋肉や経絡に直線的に圧を入れないと、硬結やツボを捉える事が難しくなります。

ダブつきの上から指圧をしても、鈍い感じになり、圧が浸透せず治療効果が期待出来ません。
施術者が丁度良いと思う圧で指圧をしても、患者さん側には軽く触られてる程度に感じられてしまう事もあり「もうちょっと強く押して!」と言われてしまう可能性もあります。

また、胸鎖乳突筋や斜角筋などの前頚部にコリが強いタイプで、後頚部の筋肉が萎縮するように張りが弱い方も、施術がやりにくいですね。

そういう方は、後頭下筋群や僧帽筋第1トリガーポイント周囲(首肩の付け根あたり)が硬くなっている事が多いので、その部位を良く緩め、後頚部は側臥位で施術すると良いと思います。

伏臥位では、頭半棘筋や頚板状筋、頭板状筋のトリガーポイントをきっちり狙って、椎弓を受けにして捉える事が出来れば、頭や目に良く響きます。


・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。