FC2ブログ

指圧治療家がお伝えする 経絡治療・トリガーポイント療法

経絡按摩・経絡指圧・トリガーポイント療法・中医学・AKA療法・講習会、セミナーについて、指圧塾 塾長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまいの中医学治療

めまいの症状がある方は、脾経の働きが悪くなっていて、痰湿が停滞し、気の昇降がスムーズに行われなくなっています。

痰湿を作り出してしまう食生活に問題がありそうですが、運動不足やストレスによる原因もありそうですね。

強いストレスによって肝経が弱り、脾経や胃経をコントロール出来なくなると痰湿が溜まってしまいます。

治療は、太衝の瀉法、
そして痰湿を取り除く作用の強い足三里や豊隆、陰陵泉、地機などを中心に、下腿の胃経と脾経に瀉法の指圧を行います。

また、ストレス症状に効果的で、気の詰まりを取る作用のある、内関、間使にも瀉法を行います。

これらの治療によって、気の流れに働きかけてから、昨日書かせて頂いたトリガーポイント(TP)を治療すると、さらに治療効果が高まります。


〜お知らせ〜

指圧塾のホームページを作成中です。

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com






スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

脾経の重要な治療穴

脾経の重要な治療穴である、三陰交と地機、陰陵泉についてです。

三陰交は血の症状に良く効きますので、冷え性や婦人科疾患の治療穴となる事が多いと思います。

疼痛部位に刺すような痛みがある、最近腰を痛めた、首が寝違えのようになって痛くて動かないなどの症状の場合、瘀血証として治療しますので、「行気活血」の治則により、三陰交を治療穴とすると圧痛反応があり治療効果が高くなります。

※瘀血証には、その他に太衝、間使、内関が良く効きます。

地機は、飲食の不摂生があると、脛骨の内側際にハッキリとした硬結が形成されます。

飽食の現代人に多い反応と思われます。

この硬結と脛骨の間に拇指を入れていくように指圧をすると、強い圧痛を捉える事が出来ます。

人によって反応は様々ですので、硬結周囲の圧痛反応も診た方が良いですね。

陰陵泉は、浮腫みや湿邪があるなど、水分の循環が悪い体質の方に良く反応します。

滞っている水分を動かす働きが大きいツボですので、
肩コリや腰痛、神経痛などでも、症状が痛みやシビレではなく重だるい感じや、全身の倦怠感などの時は、陰陵泉の治療は必須になります。

また、地機と陰陵泉は近くに位置してます。ツボは変動するという考えから、両穴の間も丁寧に指圧をして反応を診る事も大切です。


〜お知らせ〜

指圧塾のホームページを作成中です。

2017年6月から、指圧塾の日程が変更され、
木曜の夜と日曜の2つのコースで行います。

指圧塾では、
・指圧法の基礎
・経絡治療
・トリガーポイント療法
・AKA療法

などを学ぶ事が出来ます。
日程、カリキュラムは後日お知らせ致します。

杉本治療院
http://www.sugimoto-chiryouin.com




下肢の湿邪を取り去るポイントとは

下肢が痛いとか痺れるとかではなく、重ダルいと訴える場合、湿邪の影響が大きいと思われます。

五行穴の兪穴には、体重節痛を主るとして湿邪を取り去る作用があります。

下肢後側が重ダルい場合は膀胱経の症状のため、足部にある束骨。

下肢外側は胆経の症状のため、足臨泣。

下肢前側は胃経の症状のため陥谷となります。

このように、全身の施術に各経絡の兪穴を治療穴としてプラスすると、治療効果が上がります。

根本的に湿邪は、胃経と脾経の調気が重要です。去湿効果の強い足三里や陰陵泉の治療も必須です。


・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

不眠症の治療ポイントとは

不眠症は、五臓では心の異常と考えます。
高齢者の不眠症に多いパターンは、
心腎不交という状態で、腎陰虚により心火を抑えられない症状です。

心の火が燃えているのに、腎の水が不足していて、火を消せないというイメージですね。

この場合、腎陰を補う作用の強い復溜に補法を行うと良いです。

まだ腎陰が不足していない中高年の方や若い人の不眠症の場合は、ストレスによるものが多いでしょう。

この場合は、肝が心に影響を与えています。
ストレスによる肝気鬱結から始まり、それが熱化し肝火上炎となり、心に飛び火して、心肝火旺という状態です。

治療穴は、太衝、内関、風池、肝兪、魂門などで肝の治療をします。

肝経は大腿部内側に流注していますので、内転筋群の硬結圧痛のある部位も指圧するとさらに効果的で、全身がスッキリするでしょう。


・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

咳症状の治療法

季節の変わり目というか、気候の変動が大きい季節ですね。
ここ最近、カゼ気味の方が増えているように思います。

カゼ症状への治療は以前に書かせて頂きました。
http://shiatsujuku.blog.fc2.com/blog-entry-19.html?sp

今回は咳についてです。
カゼ症状の一つで咳が出る場合や喘息など呼吸器疾患からの場合などがあると思います。

カゼからの場合は、肺経の列缺や尺沢などが風邪(ふうじゃ)を取り去る治療穴となります。

「咳」というものを考えてみますと中医学では肺の気の流れが逆流している状態で「逆気」といいます。

井・榮・兪・経・合とある五行穴の考えでは合穴が逆気を主どるとありますので、
肺経の合穴である尺沢が治療穴になります。
寝たきりで呼吸する力が弱っているような重病な場合ではなく、治療院に来られる咳症状の方は、肺の実証のケースが多いと思いますので、瀉法の指圧になります。

咳の時は孔最も良く反応しますので、尺沢から孔最を診断按摩をして、一番硬結・圧痛反応の強いポイントを指圧します。
その時に肺経の募穴である中府の圧迫不快感が軽減する事を確かめて治療穴とすると良いですね、

関節運動法では、肺経の弱りが現れる胸椎第3.4椎間関節、第3胸肋関節、腕橈関節などの関節包内の機能異常を改善する手技を行うと良いです。

関節操作の時も、中府の圧迫不快感の軽減を確かめる事は大切です。

トリガーポイント(TP)理論では、持続的な咳症状により小胸筋にTPが形成され、また前鋸筋や上後鋸筋なども呼吸と関連する筋肉ですのでTPアプローチが治療効果を高めることになります。

咳症状が主訴で来院されるケースは少ないと思いますが、そのアプローチ法を治療に組み込む事により、肩コリや腰痛などのメインとなる症状の改善効果も高まります。

・効かす 響かす指圧法が身につく
・少人数制による徹底指導
・どの回からでも参加OK

杉本指圧塾
http://www.sugimoto-chiryouin.com/chiryoujuku.html

初級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/dcb8bb069556b0e018718f922ac8d52d.pdf

中級コース詳細
http://www.sugimoto-chiryouin.com/wp-content/uploads/2016/08/e7736871b230e53052819f52cf95c438.pdf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。